ファイアウォールとセキュリティの落とし穴

企業のネットワークの大半はセキュリティがしっかりしていることが多いです。常時ネットワークの監視をしており、ファイアウォールを備えていることがほとんどです。なのに、なぜ、サーバー犯罪はあとを絶たないのでしょうか。それは、セキュリティやファイアウォールのシステムに弱点という穴があるからです。ファイアウォールの主な機能は、社外ネットワークからのアクセスのうち、特定のルータを経由しない不正アクセスを防ぐという役割を持っています。これは、例えば、企業内部のファイルを閲覧しようとしたり、コピーしようとしたりする場合はもちろん、ファイルを送りつけようとした場合や、情報を破壊しようとした場合にも効果を発揮します。ですが、メールを企業のホームページに送った場合などは遮断できません。

メールの添付ファイルにウイルスが仕込まれており、担当者が気づかずに開いた場合、ファイアウォールは意味をなしません。古典的なウイルスの攻撃方法ですが、効果的な方法であることは未だに変わっていません。ネットワークのセキュリティはまだ万全ではないのです。ファイアウォールがあるからといって安心してはいけません。クラッカーは常にその好きを付くために切磋琢磨していると考えるべきです。コンピュータには落とし穴があることを従業員全員がしっかりと把握して、油断しないことこそが、最大のセキュリティとなりうるのです。ネットワークによって、情報の扱いが便利になったからこそ、危険性も高まったということを認識する必要があるのです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017様々な機能で守るセキュリティソフト.All rights reserved.