セキュリティ対策で必要なファイアウォール

インターネット通信によって第三者がコンピュータに侵入し、データを盗んだり、プログラムを改ざんしたり破壊するといった攻撃をしかけてくるおそれがあります。もし被害にあってしまうと重要なデータが流出してしまったり、コンピュータが再起不可能になってしまうなど重大な損害を被る恐れがあります。そこで、我々はそういった攻撃からコンピュータを守るためにセキュリティ対策を行う必要があります。一般に第三者の侵入や攻撃を防ぐ方法といえばファイアウォールが使われます。英語で書くとfirewall、つまり防火壁といった意味の言葉理になります。これは火事に例えて火を遮断する防火壁といった意味から来ています。

ファイアウォールというのは、外部からのネットワークを判断して内部へ通信させても良いと判断したアクセスのみを通過させるはたらきをします。もし第三者から不正なアクセスがあればファイアウォールでアクセスをストップさせ内部へ通過させないようにします。ファイアウォール昨日はパソコンのOSに搭載されていたり、セキュリティソフトをインストールすることで利用できます。インターネットをする以上は必須ともいえるのがファイアウォールです。

ファイアウォールの主なタイプにはパケットフィルタリング型があります。これはOSI基本参照モデルのネットワーク層で、送信元のIpアドレスやポート番号から通過させても良いアクセスかどうかを判断する方法です。アプリケーションゲートウェイ型はプロキシサーバ型とも呼ばれユーザーが外部と直接アクセスせずにプロキシによって中継させるセキュリティです。

おすすめ情報

  • WAFについてはこちら

Copyright (C)2017様々な機能で守るセキュリティソフト.All rights reserved.